神戸。カウンセリング・認知行動療法

Tel:078-959-8801受付:10:00~16:00 休業日:木土日祝

カウンセリング相談内容

心身症

心身症

心身症とは、心理的問題、ストレスが原因となり身体的症状として現れるものです。
ストレスによって引き起こされる症状には、様々なものがあります。

例えば『胃潰瘍』は、ピロリ菌の感染が原因といわれていますが、
ストレスによって、胃壁を保護する胃粘膜が急激に変化する胃壁の動きに対応しきれず、 消化液によって胃壁が溶かされ、傷付いて潰瘍となっていくとされています。

ストレスは、自律神経系バランスを乱し、
すでにある症状を悪化させたり、
本来、備わっている治癒力そのものを低下させたりもします。

 また、女性特有の心身症もあります。
『月経前症候群(PMS)』や『更年期』などの症状は
ホルモン補充療法等でのコントロールをお勧めしておりますが
カウンセリングを併用される方も多くいらっしゃいます。

心身症の予防には、何よりもストレスをためないことです。
といっても勝手にたまってしまう、という方もいらっしゃるでしょう。
ではストレスを軽減させるにはどうすればいいのでしょう?
認知行動療法で自分の考え方のクセに気づくと
ストレスを軽減することができますよ。
頭のなかで無意識に繰り返している「心の声」に
一度耳を澄ませてみてくださいね。

買い物依存症

買い物依存症とは正式な診断名ではありませんが、買い物をすると気分が高揚し、コントロールができなくなる状態をいいます。
衝動的に買いたい欲求が抑えられないため、借金を繰り返し、自己破産に至るケースもあります。
多くの人は、衝動をコントロールできない自分を情けなく感じ、無力感や自責感、うつ状態を引き起こします。
買い物依存症の背景には、愛情・承認欲求など満たされない孤独感が潜んでいることがあります。
神戸心理療法センターでは、症状の裏にある根本的な心理問題を扱い、アプローチします。
当センターに来所いただいた方の体験が新聞に掲載されましたので、ご紹介させていただきます。

↑ PAGE TOP